iPhoneの進化について
iPhoneの進化について

iPhoneの進化について

初期のiPhone

初期のiPhoneというのは今と比較するとかなり機能が劣っています。性能も低いです。しかし、それでも当時は多くの方が熱狂したのです。

当時の日本ではガラケーが一般的であり、物理キーボードで入力していました。そのため、最初のiPhoneがソフトウェアキーボードであったことは日本では流行らないだろうと考えられていたのです。初代はネットの速度はとても遅かったです。通話もよく落ちるとされていました。アプリを販売するソフトもなかったです。色もブラックしか選ぶことができませんでした。今では当たり前のカットやコピーアンドペーストもできませんでした。パソコン経由でしかセットアップができない点も不便でした。

しかし、このような低機能にも関わらず当時はとても人気を集めたのです。そこでiPhone3Gになると日本でも販売されることになりました。こちらはすぐにニュースとなり、日本ではお祭り騒ぎとなりました。最初の週だけで10万台も売れたのです。

そして、この2代目のiPhone3Gが登場したときにアプリストアもスタートしました。これによってどんどんいろいろなアプリをインストールして機能を高めていくことができます。その点がとても注目されたのです。このようにして初期の頃からiPhoneは日本でも人気を集めました。